仕事内容と必要条件

Special make-up

殊メイクの仕事内容と必要条件

通常メイクアップはより美しく見せるための手段ですが、特殊メイクは意味合いが違います。
主に撮影用の仕事であり、映画やイベントなどで活躍します。
特殊メイクはリアルさが特徴であり、俳優を年齢相応にみせるために若くしたり逆に老人に見せたりするほか、体重の増減なども表現する事が可能です。
またモンスターやゾンビ、吸血鬼など実在しない存在に扮するために特殊メイクを施すことも可能です。
しわや傷痕、血のりなどを生々しく表現する事で現実性を出し、専用のメイク用品を駆使して完成度の高い仕上がりを提供するプロのアーティストもいます。
仕事としてはクリエイティブであり、自分の表現力を生かせる点が魅力です。
誕生した当時に比較してメイク用の素材は肌により安全でまた表現力が豊かになっており、現在ではスクールに専門コースもありますが、仕事に携わるには現状に満足することなく、進歩に柔軟で新しい知識を進んで取り入れる積極性が必要です。

殊メイクアーティストの普段の仕事内容

ホラー映画や特撮映画では、人間の姿とは大きくかけ離れた風貌のキャラクターがしばしば登場しますが、このようなキャラクターは特殊メイクアーティストが中心のチームによってつくられています。
日常生活をおくっていると、メイクは顔に施すものと考えがちですが、特殊メイクの人が施すメイクは、役者の身体全身におよぶことが度々あります。
全身にメイクを施す場合は完成までに何時間も要することが多いため、この仕事では体力も必要になります。
また、特殊メイクアーティストは全員がメイクアップに関する知識や技能を備えているため、特殊ではない通常のメイクも担当することがあります。
特殊メイクの仕事自体は、テレビ番組や映画の制作が行われる時期が繁忙期にあたります。
しかし、センスや表現力が問われる職業であるため、たとえ仕事の依頼が無いような時期であっても、普段から映画や舞台、テレビなどを見て、メイクのアイデアを温めておくことが重要となります。

Favorite

新宿 ヘアメイク

最終更新日:2017/6/22