傷の特殊メイク

Special make-up

殊メイクで傷が付いているように見せる

ハロウィーンでは、さまざまな仮装イベントが行われます。
お化けの格好をしたり、ナースやメイドなどの職業コスプレなどいろいろなジャンルがある中で、特に注目されているのは特殊メイクです。
傷が付いているように見せて、他の人を驚かせたり、本物のゾンビのように見せられます。
ただのコスプレや仮装よりも、ハロウィンらしさがあっていいと思います。
特殊メイクは、素人でも簡単に出来て、市販の血糊やタトゥー、普段使っているコスメでも可能です。
紫のアイシャドウやチークなどでアザのようにアレンジしてみたり、赤色のルージュをうまく使って血が出ているように仕上げます。
方法はいろいろえりますが、安い化粧品でも出来るのでとてもお手軽です。
自分で出来ない時は、プロのスタイリストに依頼するのもいいと思います。
また傷メイクのセミナーや、特殊メイクのやり方を詳しく説明しているサイトもあるようなので、興味がある人は一度チェックしてみてください。

宅でできる傷の特殊メイク

特殊メイクとは、主に映画で使われる特殊効果の1つで、主に俳優の顔にいろいろな人工物を取り付けることで、別の顔に作り上げる技術のことを言います。
顔だけではなく、体中に施す場合もあります。
傷や痣の表現から、演者の顔を怪物に作り変えてしまうものまで、その種類は様々です。
特殊メイクと聞くと、映画の現場で使われる高度な技術だというイメージがあります。
流石に顔を作り変えるなどの大掛かりなものは難しいですが、傷や痣などの表現は自宅にあるもので簡単に出来る場合もあります。
赤、黒、青などの水性ペンを塗り重ねてぼかし、更に水糊を使って傷の生々しさを表現することで、手軽にメイクを行うことが出来ます。
慣れてくればアイシャドウ、粉ゼラチン、液体絆創膏などを使って、更にワンランク上のメイクを行うことも可能です。
ハロウィンの知名度が広がり、仮装イベントを行う場所も増えています。
自宅で簡単にできる特殊メイクで仮装になりきってみるのも面白いかもしれません。

check

Last update:2017/11/24