映画を彩る特殊メイク

Special make-up

画を彩る特殊メイクの世界

特殊メイクとは主にファンタジーやホラー映画などで使われる効果です。
主に俳優の顔にいろいろな人工物を付けることで、別の顔に作り上げる特殊技術のことを言います。
顔だけではなく、体に施される場合もあります。
小さなものでは怪我をしている皮膚の表現から、大きなものでは狼男やフランケンシュタインタインのような怪人の顔にしてしまうものまで様々です。
特殊メイクを大きな見どころとしている映画も多くあります。
最もポピュラーな方法は、フォームラテックスやシリコン、ゼラチンなどのパーツを演者の体に張り付けるやり方です。
この他にも、メイク用のパテを演者の顔に直接盛り付けて成形する方法もあります。
特殊メイクの難点は、メイクに時間がかかることです。
メイク中はじっとしていなければならないため、複雑なメイクになればなるほど演者に負担がかかります。
最近ではCG技術の進歩によって、顔や体の一部をCGに置き換えたり、モーションキャプチャーで演者の演技をCGキャラクターに置き換えるなどの技術もあります。

殊メイクは映画などで活用されます

映画などで俳優が本人とは全くことなる容姿や性別などが異なる役を演じる場合に特殊メイクを施すことがあります。
この特殊メイクを施すのは、特殊メイクアーティストです。
メイクアップアーティストの中のひとつの職業で通常のメイクアップを担当することもあります。
この職業につくためには、専門学校などでメイクに関する知識や技術を学ぶ必要があります。
学校だけではなく、プロのメイクスタッフに弟子入りする方法もあります。
専門学校などを卒業し、特殊美術会社やプロダクションなどの就職し、経験を重ねることが大切で、ハリウッドなどを目指すことも夢ではありません。
特殊なメイクは、フォームラテックスとスモールスケールメカニカルの2つが主流です。
フォームラテックスはゴムの乳液のようなもので加工法と弾力性に優れているため、顔に張り付き様々な変装が可能になり、色々な映画で頻繁に使用されています。
スモールスケールメカニカルは、コンピューター制御の小型メカを埋め込んだ人工皮膚や身体の一部で、顔の筋肉などが異常な動きをするなどを見せることが可能です。

注目サイト

福岡のフェイスリフト専門院
http://www.fbc-facelift.com/fukuoka.html

最終更新日:2017/4/11